お客様相談室0120-39-3284平日午前9時~午後5時(土日・祭日のぞく)

もち米(炊飯器)の炊き方

お米をおいしく食べよう!

☆炊飯器に「玄米モード」がある場合でも「白米モード」で炊飯してください。

1.計量 計量カップに入れ、平らなものですりきりましょう!!

1.計量ポイント!計量カップに入れ、平らなものですりきりましょう!!

お米は正確に計量してください。☆乾いた手で行ってください。
容器180ccの精米用計量カップすりきりいっぱいで重量約150gです。

2.洗米 洗米は計4回!! 1分程度で終わらせましょう!!

2.洗米ポイント!洗米は計4回!! 1分程度で終わらせましょう!!

内釜を使用する場合
●1回目
 もち米が入っている内釜に一気に水を入れ、
 手早くすすぎ洗いし、すぐに水を捨てます。
●2・3回目
 内釜に水をためながらとぎ洗いし、水を捨てます。
●4回目
 水を入れ軽くすすぎ洗いし、水を捨てます。
手早く洗米すると、お米がとぎ汁を吸ってヌカ臭くなるのを防ぎます。
とぐときに力を入れ過ぎるとお米が割れて食感が悪くなる原因になります。
洗米した米は割れやすいので、洗米後はすぐに水加減をしてください。

3.水加減 1カップに対して約180cc追加して炊きましょう!!

3.水加減ポイント!1カップに対して約180cc追加して炊きましょう!!

もち米1カップに対して、水を約180cc入れてください。
もち米の容量と同量、重量の約1.2倍(約180cc)の水の量が必要です。
水加減はお好みで調節してください。

4.水に浸す 浸漬は不要です!!

4.水に浸すポイント!浸漬は不要です!!

もち米は浸漬せずに炊きます。
もち米は吸水率が良いため、浸漬すると炊くときに炊き水がない状態になります。

5.炊飯・蒸らし ならしが大切です!!

5.炊飯・蒸らしポイント!ならしが大切です!!

①お米をならして、できるだけ平らにしてからスイッチを入れてください。
炊きムラを防ぎます。
②炊飯器の説明に従って、炊飯・蒸らしを行ってください

6.ほぐし 蒸らしが終わったらすぐにほぐしましょう!!

6.ほぐしポイント!蒸らしが終わったらすぐにほぐしましょう!!

①釜の周りからごはんをはがすようにしゃもじを1周させます。
②十文字に4等分し、釜底からまんべんなく空気を入れるようにほぐします。
余分な水分をとばすことで、透明感と光沢のあるごはんになります。

炊いたごはんは早めに食べてね!!!
保存をする場合は・・・

ページトップへ戻る