戦略的エネルギー補給 戦略的エネルギー補給
アスリートライスプラス

アスリートライスプラス

SCROLL

「アスリートライスプラス」は
スポーツをする人のための
補食用おにぎりです

スポーツする人のために体づくりを考えた2種類

ちりめん×チーズ×しそ

アスリートライスプラスおにぎり
ちりめん×チーズ×しそ

体づくりのエネルギー源として重要な炭水化物と同時に、カルシウムとたんぱく質、さらにビタミンを摂ることができます。

かつお節・さば節×ねぎ

アスリートライスプラスおにぎり
かつお節・さば節×ねぎ

運動時のエネルギー源となる炭水化物と同時にビタミンB1とナイアシンに加え、鉄も摂ることができる具材の組み合わせです。ねぎはビタミンB1の吸収を助けると いわれています。

考えられた栄養素で
スポーツする人の栄養補給を支えます

ご購入はこちら
アンバサダー スペシャル対談はこちら

勝ちにこだわるカラダを作る栄養素と効果の話

練習後にごはんを補食として摂ることは、スポーツをする人の体づくりにつながることをご存知でしたか?練習直後の体は十分なエネルギーを欲しています。運動で消費したエネルギーを補うだけでなく、疲労した体の修復のためにもエネルギーが必要。このタイミングで十分なエネルギーを確保してこそ強い体がつくれるのです。そしてエネルギー源と同時に、エネルギー代謝を促す各種栄養素も欠かせません。スポーツ種目や運動量によって必要量は異なりますが、これらを1日3食の食事だけで全て摂ることは難しく、補食を摂ることが大切になります。
特にスポーツをする人にとって重要なのが炭水化物。エネルギー消費が激しいからこそ不足なく摂りたい栄養素です。その炭水化物を豊富に含むごはんを使ったのが、新メニュー「アスリートライスプラス」。スポーツをするうえで必要なエネルギーと栄養素を効率よく摂れて、補食に最適です。さらに「何をどれだけ」食べるかだけではなく、「いつ」食べるかを時間栄養学の見地から考慮し、必要な時にすぐ手軽に食べられる「おにぎり」というスタイルを採用しました。
試合前や試合後などの食べるタイミングや食べる順番について、体づくりのための情報提供も行います。

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
主食、主菜、副菜がそろっていると、色々な栄養素をバランスよく摂取することにつながります。

スポーツをする人の体づくりは
毎日の補食から
補食用おにぎり ミツハシの
「アスリートライスプラス」 誕生

この夏、ミツハシライスからスポーツをする人に向けた栄養補食の新メニュー が誕生します。
ミツハシライスでは「おいしい生活、あなたと共に。」をモットーに、安全・安心でおいしい「お米」や「ごはん」を提供してきました。その思いはそのままに、お米離れの進む今だからこそ、ごはんの栄養価を見直してスポーツをする人の体づくりにつなげたいと「アスリートライスプラス」シリーズを生み出しました。

※補食とは:
日々の食事で不足するエネルギーやビタミン類などの栄養素を補給することです。
スポーツをする方は、運動で消費した栄養素を積極的かつ効率良く補食で摂取しましょう。

ちりめん×チーズ×しそ

アスリートライスプラスおにぎり
ちりめん×チーズ×しそ

ちりめん×チーズ×しそ

栄養伸びる力をサポート

  • エネルギーとなる炭水化物(米)
  • 骨の成長に必要なカルシウム(チーズ、ちりめん)
  • 骨や筋肉等の材料になるたんぱく質(チーズ、ちりめん)
  • 炭水化物やたんぱく質(アミノ酸)の代謝を助けるビタミンB2(しそ・チーズ)
かつお節・さば節×ねぎ

アスリートライスプラスおにぎり
かつお節・さば節×ねぎ

かつお節・さば節×ねぎ

栄養コンディションを整える

  • エネルギーとなる炭水化物(米)
  • 持久力に必要な鉄(かつお節・さば節)
  • 炭水化物をエネルギーに変えるビタミン B1、ナイアシン(かつお節・さば節)

SUPERVISION

スポーツ栄養アドバイザー監修

トレーニングで消費したエネルギー補給とともに、体づくりや持久力保持に欠かせない栄養素を効率よく摂れるよう工夫しました。コンディション調整や体づくりをサポートしトレーニングの合間や前後でも美味しく食べられます。

スポーツする方に注目してほしい! 栄養素と体づくりの関係

体を強く大きくするには、 筋肉の増量だけでなく強い骨を作ることが大切です。 骨の材料となるのはカルシウムです。 強い骨を作ることは、 骨の長さを伸ばす=身長を伸ばすことに繋がるうえ、 激しいトレーニングによる疲労骨折や コンタクトプレーによる骨折の予防にも役立ちます。

練習や試合でバテない体をつくるためには、 エネルギー源である炭水化物と、 炭水化物をエネルギーに変えてくれるビタミン B1やナイアシンが不可欠です。 また鉄が不足すると有酸素運動能力の低下を招き、 バテやすくなります。

スポーツ栄養アドバイザー 坂元 美子 プロフィール

内閣府承認特定非営利活動法人 日本スポーツコーチ&トレーナー協会理事長
神戸女子大学 健康福祉学部 健康スポーツ栄養学科 准教授

主な経歴

  • イチロー選手在籍時のオリックスブルーウェーブ球団専属管理栄養士(在籍時日本一 1995〜1997)
  • Jリーグアカデミー栄養講習講師、Jリーガー個人栄養指導数名
  • ひょうごジュニアスポーツアカデミー講師、神戸ジュニアスポーツリーダー講師
  • 兵庫県スポーツ医・科学委員
  • 神戸市スポーツ協会理事
坂元 美子

アスリートライスプラスをお試しの方に、スポーツ栄養基礎講座の動画を御覧いただけます。
今の食事バランスがわかる「スポーツ栄養調査(有償)」も提供しています。
調査には条件がありますので、詳しくはお問合せください。

お問い合わせ

スポーツ栄養アドバイザー
坂元美子が提供します

スポーツ栄養基礎講座

プロからジュニアのチームまで多くのスポーツ選手の栄養指導に携わった経験から、スポーツする人が何をどのくらい、どのタイミングで食べたらよいか、栄養学の知識がない方にもわかりやすい情報発信が重要だと感じてきました。
成長期や体を大きくすることが求められるスポーツする人は、運動だけでなく成長のための栄養量を摂取しなければなりません。また適切な栄養摂取は試合で結果を残すためだけでなく、スポーツ障害に陥りにくい体づくりにも役立ちます。是非、チームの指導に参考にしていただきたいと思います。

スポーツ栄養調査

現在の身体情報及び身体活動・運動時間から食品群別摂取量とエネルギー・各種栄養素量などの食事バランスを診断します。これにより、目標とするスポーツにおける身体状況に対して必要な栄養補給について具体的に知ることができます。
アンケート実施後、約1カ月でご提供します。